漫画やアニメ・TVなどの感想日記が中心です。ここでは腐女子的な表現、同人やBLも含みますので、意味の分からない方・苦手な方はご注意くださいませ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に泣いたBL
滅多に泣かない私が、またしてもBL小説で泣いてしまったw
それがこれ。

遠くにいる人 (ショコラ文庫)



ひのもとうみさん初読み。
表紙の雰囲気がいいなぁと思い、内容も見ずに衝動買いしたのですが、
買って良かった作品でした。
攻めの小田島は俺様っぽい感じ?で、自信たっぷりの余裕あるような、苦手なキャラ。
一方受けの佐倉が卑屈というか、常に自信がない子で、苦手キャラ。
(でも地味で悪い男にばかり引っかかってしまうというのはツボでしたが。)
両方苦手なキャラなのに、その2人がくっつくと、素晴らしいお話になってて不思議。

卑屈な佐倉にイライラしながらも徐々に惹かれていく小田島とのやり取りに、
ハラハラしちゃいました。
元は小田島は佐倉の親友・三津に好意を持っていたので、
とりあえず友人である佐倉に接近してきたわけですしね。
そのことを分かってて、小田島を好きになる佐倉もなんだかな~とは思ったんですけど。
親友である三津は、佐倉の保護者のように護ってるのも好感が持てました。
なんだかんだで2人を見守る三津が一番いいキャラでしたね。



で、続編が先月発売されましたね。

隣りにいる人 (ショコラ文庫)


凄く待ち遠しかった。
表紙も凄く素敵ですね。1作目より仲が深まってる!
内容は、小田島にお見合い話が持ち上がったことから。
またネガティブ全開で、別れること前提みたいに話している佐倉。
そこで衝突しちゃうわけですけど、
小田島も以前よりは学習しているのか、結構耐えてますよね。
前より好きなキャラになったわw
お互いに言いたいことを言える関係になるって相当なことなんだなって。
こういう性格の佐倉を受け入れて、一生側にいてあげるんでしょうな。
佐倉も徐々に変わっていけそうな感じですし。
オマケに三津にも相手が出来そうな予感が!これは気になるw

久々に泣けたBL小説なので、何度も読み返しています。
自分のツボにハマると思っていなかったから、予想外に泣いてしまったのがビックリw
松尾マアタさんのイラストもピッタリですし、また続編が読めると嬉しいな。
スポンサーサイト

久々の…
BL小説の感想。
たまーに読んでます。最近は面倒で滅多に読みません。だから未読が多い…
けど読むといいなーって思えちゃうから、まだまだ抜け出せないと思うw

ポケットに虹のかけら
 久我さんの作品。その後に発売された本も未読で、まだ積んでますが…
 やっぱり最高~!久々のオール標準語作品ですが、萌え死。
 帯に「優男攻め×天真爛漫受け」って書かれてて、そういうの大好きなんで。
 受けに対して優しいってのがもう~たまらんな!
 お話は結構重めで、裏社会とかも入ってくるので、シリアス展開。
 途中、結構泣きそうになりましたし。
 タイトルが素敵ですね。最後はハッピーエンドな感じで、良かったわ。
 ずっと一緒にいれば、彼の傷も癒えていくでしょうね。
 オマケの攻め視点のお話では、
 攻めに甘えてる受けが物凄く可愛くて!
 「抱っこ」発言にはうぎゃああああ!って転げまわったわw
 男前受けが言うと萌えが半端ないね!誘い受けえええええ!
 それに答える優男攻め!!!!
 バカップルすぎて悶えました。お互いがお互いの事好き過ぎてるwww
 勝手にイチャコラしてろ!って感じでw
 ごちそう様。
 イラストは…うーん・・・あまり好きではない。

海より深い愛はどっちだ
 久我さん作品その2!
 攻め×攻めって書かれてたけど…どうなんだろうね?
 好きな設定ではあるのに、この話はあまりツボではなかった。。。
 元々カップルになってるし、たいした事件もないし…
 どっちが上か下かみたいな話ばかりで、ちょっと飽きた。
 オカッパ攻めが我儘過ぎな気がした。受けの方がよっぽど男前だよなぁ・・・ 
 まぁ、もともと阿部さんの絵が苦手なんだな。ビジュアル系?みたいに見えるし…
 オカッパな攻めって好きじゃないし…

理系の恋文教室
 オヤジ受けということで気になって読んでみました。
 …けど、あまり萌えなかったなぁ。難しい用語も多かったような?


以下、家族もの~。
ダブルファーザー
 砂床さん、初読み。なんだか最近よくお名前は見かけますね。
 桜城ややさんイラストがツボだったから購入。
 疑似家族ものっていいね~。
 攻めの男が嫌な奴だったけど、いいパパっぷりでw
 こういう受けの尻に敷かれる?系な家族は面白い。
 子供がヤンチャな男の子っていうのもママ(?)を取り合ってて好きです。
 なかなか楽しめました。

ファミリー・バイブル
 ムクさんのイラストが気になったので購入。
 こっちは子供は女の子。小さいけどさすが女の子ですねw
 全体的にはほのぼのだけど、元妻が現れて、ビックリな内容もあったり…。
 元妻が本当に嫌な奴だな!こういう奴がなんで子供取り返しに来るわけ?
 まぁいいや。ハッピーエンドにはなったので。
 超ヘタレな攻めで、↑の作品のようなカッコイイ攻めじゃないけど、
 それでも悪くないですね。
 家族3人、仲良く暮らしていくんでしょうね~。という感じ。


以上、記憶にある最近読んだ5作品でした。
もっと古い作品も未読状態だから、早く読まないとね…

3年越しに…
いや~ようやく読み終えましたよ。
榎田さんの『夏の塩』『夏の子供』!!
3年前に購入したハードカバー版、全く読む気になれなかったけど、
最近、放置してた『優しいSの育て方』という作品がかなりツボで面白かったし、
ついでにハードカバーも読んじゃおうか!と、勢いがついて、読み終えました。
感想は・・・









…正直な感想ですが。
私、評判が良い作品ほど、「?」って感じになってしまう傾向・・・と言いましょうか。
この作品を批判しているレビューを見たことないので、言いにくいんですけど。
BL作品としては物足りないです。
まぁ、この作品にBLを求めちゃいけないのかな?

密林さんのレビューとかで「人生観変わる」みたいなこと書かれてて・・・
そうか?って思っちゃったんですよ。
私は魚住君のようなキャラが苦手ということもあるのかな。
あ、こういう子は好きじゃない…って思っちゃったから、感情移入出来ない感じ。
ストーリーも重くて、途中で読むのやめたくなったもの。難しすぎ。
ショートは面白かったけど。

これBL初心者向きなんですかね~?絡み少ないからか?
まぁ、BLは恋愛を楽しみたいので、あまり深く考えずに読めるものを好みます。(一部除く)
交渉人シリーズとか大好物なんだけどな。
『永遠の昨日』『はつ恋』はイマイチだったし。
作品によってツボじゃないことがありますね。

とりあえず、BL読みとして、読んでおかなきゃマズイ作品だと思っていたので、
感想はどうであれ、読めてよかったです。以上。


まだ漫画家シリーズとかシリーズものを放置してるから、早めに読んでおこうかな。

久々に読む。
久我有加さんの新刊が出たので、急いで読みましたw
わがまま天国

 年下アイドル×関西弁マネージャーということで。
 いや~久々にBL小説を読んだけど、
 わがまま攻めってどーも好きになれないんだよなぁ。
 愛情の裏返し?みたいな感じが、
 なんでそうなるの?と思っちゃって。
 受けが哀れに思えてきちゃうんで。
 でもそこは久我さんですから、
 ストーリーは文句なしに面白いし、
 最後には攻め視点の話もあって、
 攻めがどんな気持ちだったかってことも分かるからいいけど。
 脇役もクセのありそうなキャラが多くて良かったです。
 4年後の話…とても微笑ましかったw
 次回作も楽しみ。

 ただ一つ。
 イラストがイマイチだったなぁ…。
 「平凡」というわりに、受けが可愛すぎませんか?10代に見える…
 もっと「普通」な受けを描いてくれー!
 

あと、もう1冊。運命の男という作品。

 五条レナさん。初めて読みました。
 ネット書店で円陣さんの表紙を見て一目惚れ。
 予約しなくても発売日に買えるかな~wなんて余裕でいたら、
 発売日には、もう「在庫なし」状態に(泣)
 どこ探しても無いので、ヤフオクでやっとゲット。
 気になりだすと、どうしても読みたくなるものなんですね・・・
 
 さて、お話は、まぁスケールの大きい話です。
 社長×秘書だけど、対等な感じなんですよね。
 高校時代からのライバルだったかな?
 お互い仕事ではなくてはならない存在になっている。
 受けは昔から密かに片想いしていたけど、
 攻めとの仕事の関係を壊せないから、想いは閉じ込めておくという。。。
 二人とも仕事ができるってことで、もういいんじゃね?w
 受けが悩み過ぎ!そんなに溜め込んでたら具合悪くなるって。 
 それに、攻めもちょっと鈍感だよなぁ。
 両想いまでが長かった…くっ付くかと思ったら、受けが拒否みたいな…
 まぁ、ラストでやっと夫婦っぽくなってて良かったですがw
 仕事もプライベートでも良い関係になって、一安心。
 封入ペーパーも甘い話だったしw

 さすが円陣さんのスーツは最高ですねぇ~wwイラスト萌えます!

念願の・・・?
『交渉人』シリーズの全サ小冊子が届きました。
「大洋図書」って書かれてたけど、何だかサッパリわからなくて、
中身見るまですっかり忘れてました(爆)
えーと。。。まだ読んでません。
あ、奈良さんのカバーイラスト解説はなかなか面白かったです。
つーか、「~嵌められる」「~諦めない」「スウィーパーは~」の3冊、
全部未読状態(汗)
とりあえず応募だけしとかなきゃとか思って、そのままでした・・・
読む時間が欲しい~!
ってか、時間あっても活字読む気になれねぇ~!



ですが。
昨日、念願だった、『虹の入江』シリーズの同人誌を入手!
1冊目の再録本なのですが、ずーーーーーっと欲しくて、
最近、やっと入手できました!ネット様様ですよ。ありがとーう!
この作品、私にとってはBLに足を踏み入れたキッカケなので、
思い入れがとても強いのです。
文庫も途中でストップしたままだし、
コミケ行ったことないから、まさか同人誌が出てたなんて思わず。

で、数年前、家でネットが出来るようになってから、
先生のHPで同人誌が出てたことを知って、大喜びしたもんです。
ちょうど2冊目の再録が通販している時で、急いで注文したっけ。
でもすでに1冊目の再録本は完売してて幻だったんですよね・・・
で、中古とかで探して、再録じゃない同人誌をちまちまと集めてたのですが、
いつか欲しいと思ったいたのですよ。
これで再録本が3冊揃ったー!

今はBLから少し遠ざかっていますが、
昔の作品を読むと「おおおおおー!」って感じでw
まだライトな作品だしね。同人誌はちょっとエロ度高いカモだけど。
ラブラブな日常が読めるのは幸せだなぁww
希和の真っ直ぐなところが大好き過ぎる!
ニケさんも大人~って感じでカッコイイし!
最高カップルだなw
あー久々にCD聴くきたくなったねw
関智さんの可愛いらしい受けw
甘すぎて聴くに耐えないのですが←良い意味だよ

久々に読んでみたら・・・
やっぱりいいもんでした、BLは(笑)

ここ数か月、いや、昨年10月頃~今年に入ってからも、
まともにBL小説を読んでいなかったのですが、
チェックはしてたんです。チェックだけね…。
だいぶ興味が薄れていたところに、久我有加さんの新刊が!
あ、新刊って3月の新刊ですよ。
昨年出てた方も買いましたが、まだ未読でした。
で、とりあえず新刊から読みました。

青空へ飛べ
 「野球もの」はBL小説では読んだことがあまりないような。
 でもこの作品は野球の2軍選手?と大学生の話でして。
 プロ野球界の地味な面が多いお話でした。
 2人がかつて甲子園で対決してたっていう過去があるんですね。
 選手×大学生(元高校球児で就活中)っていう設定は初めてです。
 戦力外通告を受けた攻めと、それを知った受けの行動。
 受けの子がかつてのライバルを応援してる姿がいいですね。
 練習相手として接していくうちに、
 いつのまにかお互いが恋愛感情で好きになっていくというのもツボ。
 オマケの9年後が本当にリアルに夫婦で、さらに萌えます。
 今回は攻めが関西弁でした。
 大型犬な攻めと小型犬な受けというワンコ同士は、
 あまり読んだことがないのですが、ワンコは攻めだけでいいかな(え)
 でも真っ直ぐで素敵なお話で、なかなか良かったです。


新刊を読んだら、久我さん作品を一気に読みたくなり・・・

次に未読だった、恋で花実は咲くのですを。
 久々の「芸人もの」きたああああー!
 ってことで、楽しみにしてたのに放置してました(汗)
 放置してたのを後悔しましたorz
 あああー好きだー!こういうの大好きだー!
 さすが久我さんですよ!
 芸人ものと言ったら久我さんしかいないよ!

 今回は、元マネージャー×元芸人ということで!2人とも関西弁。
 主人公(受け)はコンビ名「スパークファルコン」のツッコミ。
 なかなか売れず、親の病気のこともあり解散して実家へ帰ったのが3年前。
 実家の温泉旅館で働いているところへ、元マネージャーが迎えに来ます。
 このマネージャーは新しい劇場を任されるため、専属作家として彼を迎えに来たんですね。
 芸人を辞めたのにその世界へ戻ることと、
 今の旅館の仕事を続けるのかの葛藤が読んでいてハラハラしました。
 面白いのが、マネージャー(攻め)がメソメソする天然さん。
 仕事はキッチリできる人なのに、プライベートはまるで別人のように違うw
 ヘタレ最高wwおかしかったw
 仕事上でのお互いの意見でぶつかったり、悩んでる姿もたくさん。
 恋人としてはヘタレ×ツンデレって感じで、すっごく萌えました。
 
 今回は元芸人がこの世界に戻ってくるお話でした。
 元芸人が作家になって関わっていくというのは、
 実際にもありそうな話っぽくて、リアルだな~と思ったり。
 あとは、若手芸人との接し方とか、凄くありそうですもんね。
 
 注目は、過去の久我さん作品に登場した芸人さんがチラホラいて!
 バンデージなんて、どんだけ上にいってんだ~すごいね~。
 パイロットランプも懐かしい!
 この2コンビの続編が読みたーい!
 帯見たら、これって「芸人シリーズ」だったんですね・・・今気付いた。


それにしても、久我さん作品はハズレが無いなぁ!
特に芸人ものBLは、久我さんしかいないでしょう。
全部集めている作家さんは久我さんだけです。→成宮ゆりさんは最近脱落(汗)
それだけ久我さん作品(文章)が自分の好み=ツボにハマるということですね。
まぁ、まだ未読の本もあるのですがw

ああーなんだかんだ言っても、やっぱりBLは読むと面白い。
久我さんの作品はこれからも買おう。

5冊読み終えて。
新刊から先に読んでしまうという悪い(?)癖ですね。
楽しみにしてたものだから、しょうがないか(笑)

いつかお姫様が


うおおおー!待ってましたの久我さん新刊です!
しかも王子×男前ですって!大好物!(笑)まさに理想のお話でした。大満足!
高校生のお話ってのは、久我さんではあまり読んだ記憶が無いかな?
(まだ久我さんの過去作品、全部読みきってないので・・・)
攻めの子は、王子様と呼ばれているような子で、
受けの子は、ガタイもよくてカッコイイ。
でも、攻めの子は、受けのことを「カワイイ」とずっと思っていて、
常に受けの子を守ろうと「姫」のように扱っています。
そんな攻めのことを「カッコイイ」と思うようになると。こういうのたまりません!
砂原さんの「ミスター・ロマンチストの恋」みたいな感じ。(←こっちの方が乙女度高い。)
「ミスター~」は受けが攻めに片想いしてたけど、この話は攻めが受けに片想いですし、
あっさりというか、大阪弁同士で、案外さら~っと読めちゃいましたね。
で、面白かったのは、2年もプラトニックというw
お互いが想い過ぎてるから悩んだりもするし。ラストのがっつく感じが最高でした。
イラストは山中ヒコさん。漫画は読んだことありますけど、挿絵は初めて見たかな?
絵の雰囲気は独特で好きですけど、もうちょっと描き分けてもらえたらなぁ。
2人とも王子様っぽくて、どっちが受けだか攻めだか分からなかった。
受けの男前っぽさとかガタイのよさをもっと出してたら良かったな。


言ノ葉ノ世界


『言ノ葉ノ花』のスピンオフですね。前半は雑誌で読んでいました。
感想としては…うーん。面白いといえば面白いかな?
こういう攻め苦手なんですよね。ろくでなしとか。
しかも声が聞こえるのが攻めだった。
謎の占い師wにはビックリ。
前作の方が泣けたし、好きだな。
特殊なBLなので、私にはちょっと合わなかったかも。
もうドラマCD化決定ですかぁ・・・スルーだな。


唇よりも熱く


これも楽しみにしていたんです!成宮ゆりさんの新刊ですね。
社長(年下)×秘書(年上)ですかね。
上司(男)にセクハラされて辞めた受けが、
結局は、新しいところの上司と出来てしまうというw
いや、でもさすが成宮さん。
読みやすくて、凄く良かった。
切ない場面もあって、ラストの再会にうわーってなったりw
攻めは子供っぽくて、尻に敷かれそうだよな~w


今宵、月の裏側で


これは、4月の新刊かな?最近気になってて買ったんです。
初めて読んだ作家さん。麻々原さんのイラスト買いです。
とんでもない受けでした(笑)こんなの読んだこと無いよw
よく恋愛に発展できたなぁと思った。
いきなりな展開が多かったように感じましたけどね。
たまにはこういうのも新鮮で、楽しかったです。
まぁ、性格のいい年下攻めなら、わりとなんでも好きです。


箱庭のシンデレラ


染井吉乃さんの新刊!しかもシリーズですかw
シリーズと言っても、主役は違いますけど、
前作の2人も出てきて、お話に絡んでました。
これもちょっと特殊なお話で、よく読まないと分からなくなることもあるのですが。
どちらかと言うと、今回の話の方が好きかも。
相変わらず派遣会社のボス(?)の女性がカッコイイっすね。
またこういう感じで、シリーズで出して欲しい。
ルチルはフェアやってるんですね~。
SSカード欲しかったけど、買いたい本が無いので、諦めまーす。
それにしても、染井さんの本ってたまに読むとすごく懐かしいというか、なんというか。
初めて買ったBL本が染井さんということもあってか、自分の中では特別かな。
全部読んだわけじゃないけど、読みやすくて大好きなんです。。
読んでいない昔の本や同人誌もあるから、読まなきゃと思いつつ、早数年(おい)


6月に入って、5冊しか読めてない・・・しかも、全部最近買ったものだった。
これじゃ、古本の未読の山が減らないよー。読むのが面倒になってきた(え)

情熱シリーズ一気読み。
ここ数日、小説を読み耽っておりました。
遠野春日さんの「情熱」シリーズです。
シリーズ6冊をまとめて購入しておいたのですが、1年くらい放置してました(汗)
で、最近勢いでドラマCDも4枚買ったので、いい加減読もうかな、とw

以下の順序で読みました。
ひそやかな情熱
情熱のゆくえ
情熱の飛沫
情熱の結晶
艶悪
夜天の情事
さやかな絆-花信風-

1作目が発売された頃といえば、私はまだBL初心者でさほどBL本を読んでませんでした。
新書サイズの本なんて持ってなかったんです。
で、確かムー●ックのサイトで、試し読みしたことがありまして。
まさかその作品を数年後に購入することになろうとは思ってもいなかったんですけど(笑)
試し読みの時の印象は、自分の好みではないな~という感じ。
でも、初心者じゃなくなった今(爆)、好みもだいぶ変わりましたし、
改めて読むと、このシリーズが人気あるのがよく分かりました。

やっぱり、主役カップルが徐々に甘くなっていくのがいいですね。
1作目は、なんか攻めの態度にムカーッとしたけどw
なんとなく、設定が古い?というか、BLの王道だよなと思ったり。
ヤ●ザの愛人とか実業家とかさ。それがいいのでしょうけどね。
私が1番好きなのは「情熱の飛沫」です。
他の作品はなんだか…攻めが監禁されたり記憶喪失になるってのがね。
あまり読んだこと無いけど、受けだったらよくありそうな流れだなw

新シリーズも文庫で開始されてて、
佳人の親の死の謎がメインでしたが、なんだか嫌な奴が出てきてたなぁ。
2人の仲については何も言うまいwラブラブすぎだよ!最高w
なかなか面白かったので、またどういう風に展開していくのか楽しみです。
王道は、王道だからこそ面白いのかもね。

ドラマCDも聴き終わったので、感想はまた後日。

凄いタイトル…
久々のBL小説更新。
ちょっと前に読んでた本。
まぁ今はあまり読んでいないですけど(汗)


ストーカーはじめました。


 いや~こんなタイトルって(爆)買っちゃった自分にびっくりだよ。
 桜城さんのイラスト買いでしたが、大当たり!
 表紙デザインはピンクとかで可愛らしいんですが、こんなポップな内容か?
 いや、気軽に読めるとは思いますけど、ちょっと違うと思う(え)
 バーバラさんの作品は数えるほどしか読んだこと無いのですが、
 なんていうか、独特な雰囲気があるよなぁ。
 ストーカー受けというもの自体初めてで新鮮でした。
 受け自身がストーカーの心理を分かってて、専門家だというのは面白い。自覚あるのがね。
 そこまで好きになっちゃって諦めないのも凄いよ。
 度を越えた変態受けは、読んだこと無いので驚くことばかりw
 攻めの刑事も最後にゃ好きになっちゃってるけど、最初は引きまくってますしね。
 でもそんな受けを見てる攻めもある意味変態だよな。 
 受けにギャップがあったのが良かったのかも。
 いつもはツンツンしてるのに、変態になるときの差があり過ぎw
 ストーリーとしては、事件も絡みつつなので、楽しく読めました。
 その事件の真相もビックリでしたが。
 やっぱりストーカーになるかならないかってのは微妙なトコだよな。
 両想いと片想いの差か?うーん…難しい。

ストーカーと言えるかどうか分からんけど、
6~7年前、姉のバイト先の人が突然家に来たことがあったっけなぁ(^^;
付き合ってないのに、両想いだと勘違いされてたとかで。
姉はいなかったので、私と父で応対して帰ってもらいましたが。
他にも駅で知らない人に「好きです」っていきなり言われた事もあるらしい。
怖いから逃げたらしいけど。


悪くて甘い遊び


 成宮ゆりさんの新刊!ようやく読み終えました。
 イラストがちょっと好みじゃないので、放置しちゃってました。
 なんだか受けのイラストが可愛らしいと思うのですが、読んでみるとそうでもないっぽい?
 もうちょっとガタイよく描いて欲しいな。
 内容も、受けは大学生で、攻めが受けの元家庭教師だっけか。
 面白かったけど、ちょっと好みから外れてましたね~。
 来月、新刊が出るそうで、めっちゃ楽しみです!!!
 イラストが桜城さんみたいだしー!!わくわくする!

ああーもっと読まなきゃ…未読の山が減らないよー(汗)

また完結かぁ。。。
本をまとめ買いするため、月末まで我慢してたこのシリーズ。ようやくゲットして、真っ先に読みました。
不謹慎で甘い残像 幻冬舎ルチル文庫



 待ってました!大好きなシリーズ3作目!これで完結との事で残念ですが。
 もうね~このカップル最高です。
 ヘタレワンコな年下攻めと素直になれない年上受けっていうの?大好きだー!!!
 特に謙也は理想の年下攻めなんですよ。性格が真っ直ぐで素直で好感持てますし。
 今回は、謙也の元カノのピアスが部屋で見つかり、話が始まるわけです。
 元カノと今彼=颯生との波乱とかっていう展開かと思いきや、たいした障害ではなかったw
 もうずーーっとラブラブ状態!ホントに揺るがないですね。
 今までBL読んでて、攻めが受けに甘える姿ってほとんど見たことなくて。
 この作品だと、普通に攻めが甘えてくるのが凄くいいなぁって思うんですよ。
 仕事やら何やらで疲れて「あまやかして」って素直に言うのがいいですね。
 で、ちゃんと甘やかしてあげる受けにも悶えるわけです。
 お菓子をあーんして食べさせてあげる颯生とかもう参ったよ。
 お約束(?)の指輪ネタも良かったし。指輪を謙也にあげるシーンが好きだw
 それと、やっと受け入れるようになって友達を紹介した颯生。変わりましたね~。
 あのクラブでの展開はビックリでしたが(笑)
 エロも多くはないけど、程好い。颯生の甘え方がホント可愛い。謙也もがっつくわなw
 年下攻めならでは(?)の暴走っぷりが面白いです。
 いいなーこういうほのぼのバカップルww
 2作目に出てきた電波なお嬢様と元カノさんの対決も面白かった。
 最後はやっと引っ越しして同棲しはじめちゃって~一生幸せそうな2人です。

 ああ・・・これで終わりなんて。
 何も起こらなくていいから、同棲カップルの日常をもっと読みたいな。
 終始イチャイチャしてんだろうけどさ(笑)
 1作目から事件という事件は起こらなかったし、
 こういう何気ない日常の2人ってのが好きなんだなぁ。
 崎谷はるひ作品は、全部読んでいるわけではないですが、そこそこ読んでます。
 今まで読んた中では1番好きなシリーズですね。どツボでした。 
 初めてこの作品読んだ理由はイラストが桜城ややさんだったから。
 で、昨年文庫化されて、まさか続編が出るなんて思ってなかったんで、嬉しかった。
 小椋ムクさんのイラストも可愛くて大好きです。
 素敵なお話でした。あ~何度読んでもニヤニヤしてしまうよ(死)

BL作品の中でも特に好きな作品ですね。絶対手放さない作品がまた増えました☆

…2月ももう終わりか。
Copyright © オハナミ*びより. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。