漫画やアニメ・TVなどの感想日記が中心です。ここでは腐女子的な表現、同人やBLも含みますので、意味の分からない方・苦手な方はご注意くださいませ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずいぶんご無沙汰だけれど。
それなりに買い続けているBLですw
百合に流れそうになったり、男の娘にハマってたり…とまぁ色々あるけどw
初心は忘れていませんw

一昨日届いたのが、雲田はるこさん『新宿ラッキーホール』です。

新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)

新品価格
¥650から
(2013/3/30 02:31時点)


すっかりここに書くの忘れてたけど、実は今年に入って雲田さんフィーバー中w
『窓辺の君』、『野ばら』、『いとしの猫っ毛』1~2を集めました。
いつも通り、普通のコミックス(落語だっけ?)は買ってませんがw
なかなかクセのある絵柄といいますが、
懐かしい絵柄という感じがして、最初は馴染めずにいましたが、
何度も読むと味わい深くなってきて、中毒性があるというか、ハマっちゃいまして。

んで、この新刊『新宿ラッキーホール』なんですが、
表紙がカッコイイ!この方は受け?攻め?なんて考えながらワクワクしてたら・・・
まさかのリバだった(驚)
いや、これはビックリでしたね。別に嫌じゃないですよ。
むしろストーリー上ではこれがいいんだろうな。
重くて深くて、普通のBLがいかにお子様向かと思うくらいにね。
これは大人だからこそ面白さが分かるんじゃないかな~。

2人の関係性が、他のCPの話からも分かるし、過去話も凄く重いけど、
もうこの2人の間に入れる人はいない感じがした。
最後のサクマさんのプロポーズあたりはうぎゃああああと叫んでいたw
苦味ちゃん攻めが好きだw
1冊丸ごと、映画のような、凄く濃くて展開も目まぐるしくて、自分的には殿堂入りな作品でした。


そのあと、三島一彦さんの『育メンだって恋します。』を読んだのですが…

育メンだって恋します。 (あすかコミックスCL-DX)

新品価格
¥588から
(2013/3/30 02:32時点)


いや、なんていうか…萌えたよ。可愛いシーンばかりでね。
でもそれだけっていうか…なんか雲田さんの前に読んでおけばよかったと思ったw


少し前に御景椿さんの甘すぎモンスターも読んだ。

甘すぎモンスター (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

新品価格
¥660から
(2013/3/30 02:33時点)


可愛かったよ~。攻めにケモ耳w


あと初めて読んだのがわんにゃん日和という4コマ?

わんにゃん日和 (ビーボーイコミックス)

新品価格
¥650から
(2013/3/30 02:34時点)


ビーボーイだったか?で連載されてたものらしいですが、
家族ものにハマってたんで買ったんですが、激萌えでした。
犬と猫の家族設定wwww
やっぱりケモ耳かわいいー!!!


ナカさんのながれ

ナカさんのながれ (EDGE COMIX)

新品価格
¥650から
(2013/3/30 02:35時点)


久々のbassoさんの新刊でしたが、最近やっと購入。
うおおおおおお!ラーメン屋が舞台なんて斬新w
ショート漫画なのかな?
淡々と進むけど、bassoさんならではの味わい深い絵と物語は素晴らしいね!
この2人って、ナカさんが攻めでいいんだよな?ナカさん受けがよかったなw

泣キ顔ミマン

泣キ顔ミマン   (バンブーコミックス 麗人セレクション)

新品価格
¥630から
(2013/3/30 02:36時点)


猫田さん新刊!必ず買ってるけど、最近の作品はツボじゃないことが多くて。
今回も不安半分で購入したんですけど、ななななんと!
こちらもなんだか新境地?な感じで!大当たり!!!
猫田さん、現代もの面白いじゃないか!
昔先輩後輩だった教師同士なんて、ほんとに王道のBL読んだぞー!って気分!!
普通過ぎな展開を、あえて猫田さんが描かれているというのが珍しく思うし、
そこがまた面白いところでもあったな、と。
しかも読みきりじゃなかったのも驚き&良かったのかも。
『ハートで酔わせて!』(だっけか?)が連載だったと思うけど、イマイチだったんだよな。
猫田さん=読み切りの短編が上手い方という印象なので。
でもたまには新鮮ですね。
あとは読み切り1本、いつもの時代ものっぽい話で、楽しめました。
着物がうまいんだな~w
やっぱり猫田さん、好きだ~!


うーん・・・他にも読んだ気がするんだけど…忘れてしまったわorz
最近、部屋の片づけで、やっぱり処分しなきゃとBL本整理中なんですがね。
再読して、何ともキュンともしなかったら処分することにしました。
持っててもしょうがないよね。
他に誰も読む人いないんだしw
大事な本だけ残しておこうと思いました。
しかし、小説はまだまだ未読が多くて困ったもんだ。
スポンサーサイト
Copyright © オハナミ*びより. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。