漫画やアニメ・TVなどの感想日記が中心です。ここでは腐女子的な表現、同人やBLも含みますので、意味の分からない方・苦手な方はご注意くださいませ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に泣いたBL
滅多に泣かない私が、またしてもBL小説で泣いてしまったw
それがこれ。

遠くにいる人 (ショコラ文庫)



ひのもとうみさん初読み。
表紙の雰囲気がいいなぁと思い、内容も見ずに衝動買いしたのですが、
買って良かった作品でした。
攻めの小田島は俺様っぽい感じ?で、自信たっぷりの余裕あるような、苦手なキャラ。
一方受けの佐倉が卑屈というか、常に自信がない子で、苦手キャラ。
(でも地味で悪い男にばかり引っかかってしまうというのはツボでしたが。)
両方苦手なキャラなのに、その2人がくっつくと、素晴らしいお話になってて不思議。

卑屈な佐倉にイライラしながらも徐々に惹かれていく小田島とのやり取りに、
ハラハラしちゃいました。
元は小田島は佐倉の親友・三津に好意を持っていたので、
とりあえず友人である佐倉に接近してきたわけですしね。
そのことを分かってて、小田島を好きになる佐倉もなんだかな~とは思ったんですけど。
親友である三津は、佐倉の保護者のように護ってるのも好感が持てました。
なんだかんだで2人を見守る三津が一番いいキャラでしたね。



で、続編が先月発売されましたね。

隣りにいる人 (ショコラ文庫)


凄く待ち遠しかった。
表紙も凄く素敵ですね。1作目より仲が深まってる!
内容は、小田島にお見合い話が持ち上がったことから。
またネガティブ全開で、別れること前提みたいに話している佐倉。
そこで衝突しちゃうわけですけど、
小田島も以前よりは学習しているのか、結構耐えてますよね。
前より好きなキャラになったわw
お互いに言いたいことを言える関係になるって相当なことなんだなって。
こういう性格の佐倉を受け入れて、一生側にいてあげるんでしょうな。
佐倉も徐々に変わっていけそうな感じですし。
オマケに三津にも相手が出来そうな予感が!これは気になるw

久々に泣けたBL小説なので、何度も読み返しています。
自分のツボにハマると思っていなかったから、予想外に泣いてしまったのがビックリw
松尾マアタさんのイラストもピッタリですし、また続編が読めると嬉しいな。
スポンサーサイト
Copyright © オハナミ*びより. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。