漫画やアニメ・TVなどの感想日記が中心です。ここでは腐女子的な表現、同人やBLも含みますので、意味の分からない方・苦手な方はご注意くださいませ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に読んでみたり。
先月買っておいたBL小説の存在をすっかり忘れてました(爆)
ってことで、中原一也さん。
欲望の犬
欲望の犬
posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.23
中原 一也著 / 奈良 千春挿画
プランタン出版 (2007.1)
通常24時間以内に発送します。

イラストが奈良さんだったのでまたしても挿絵買いの部分が大きいですが、
以前読んだ中原さんの作品が面白かったので今回も期待してました。
正体不明の年下男×検事です。
内容も「犬」ってことで、どんな犬かと思ったら、
可愛いワンコ攻めではなく、「ドーベルマン」という表現がありました。
私の求めているヘタレワンコではないのですが、
そういうワンコもいるのね…という感じ。
まぁ、受けにべったりっていうのは一緒なんですが、
やっぱり欲望に忠実で直球というところですよね。
徐々に分かっていく攻めの正体を絡ませつつ、
デートや昔の男登場などお約束?な展開もあってとても楽しめました。
受けもメガネでツンデレ風味(?)だったしw
読みやすかった!


オリジナル派だったのに、最近どうもパロに行きすぎてたし…。
昨日も山獄のアンソロとか同人誌注文しちゃった…orz
リボランも気になりだしてるし…。
ああーパロなんてハマるもんじゃないですね。
金が無くなるっつーの!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © オハナミ*びより. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。