漫画やアニメ・TVなどの感想日記が中心です。ここでは腐女子的な表現、同人やBLも含みますので、意味の分からない方・苦手な方はご注意くださいませ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むこむこ完結。
残念です…またしても大好きな作品が終わってしまいました。
渡辺祥智先生の『その向こうの向こう側』6巻。


最終巻という事で、やっとキアラはマスター・セレンと会うことが出来ました~。
キアラの言うとおり、二葉とセレン、似てるなぁ。
「大丈夫!なんとかなる」っていう言葉とか。
しかし、さすが渡辺ワールドというか…(笑)
笑いもたくさん散りばめられているところが最高!
セレンと鳥人・シェンナともいいコンビで。
過去からの2人の出会いも知ることが出来たし。
それと、ベルベルさんも大好きだー!あの容姿でオバチャン(笑)
二葉はこの冒険で、ちゃんと成長してましたね。
ヴィリッドのことも…二葉の願いが叶ったということなのかな?
あの赤ちゃんのその後が見たい!
ただ、明確にその後のオーリオールが描かれていないから、
気になってしまうのですが。
「向こう側」については「ひみつ」とのことなので、
どうなったのかは、勝手に想像するしかないですね(笑)

素敵なファンタジー作品でした☆
もっとドラマCDやって欲しかったなぁ。キャストもピッタリだったのになぁ…。
こういう作品がアニメに向いていると思うのに。
次回作も楽しみにしています。
あ、でも次出るとしたら「からっと!」の新刊かな?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © オハナミ*びより. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。