漫画やアニメ・TVなどの感想日記が中心です。ここでは腐女子的な表現、同人やBLも含みますので、意味の分からない方・苦手な方はご注意くださいませ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開拓のその後。
前回、購入しようか迷っているBL漫画があると書きましたが。
やっぱり、買ってみました。

内田カヲル(かおる)さんの作品です。
また一つ、BL道?を踏み外した感じもしなくもないがww

以下、購入した作品↓
・永遠のため息
・ちょっとやそっとじゃ止まらない
・ヘイ!ドクター
・あなたをひとりじめ
・だまって泣いているのです
・飴と鞭
・夢中になっちまえ!
・そして続きがあるのなら
・それではみなさん。(全2巻)

全部初めて読みました。
10冊もまとめて買ってしまい、
これで失敗したらと思うと怖かったんですが、割と大丈夫でした(笑)
・・・というか、なかなか面白かったです。
全部が全部、ガチでムチなわけではなかったし、
そりゃ苦手な作品もありましたけど、夢中で読んでしまった。

実は、筋肉とかガチムチ?っぽいのって苦手でした。
少し気にはなってたんですが、もともと細身な絵が好きなので、
こういうジャンルは避けてまして。
しかもガチムチが受けってのがね~想像できなくて。
小説だったら、「ガタイいい受け最高!」とか叫んでるくせに、
漫画だと萎えそうで、ほとんど読んだことなかったんです。
それと、なかなか好みの絵がなかったのも避けてた理由ですね。
で、偶然見かけた内田さんの本で、表紙を見る限り自分の好きな感じだったので、
挑戦してみようかと思いました。

『永遠のため息』は、弓道部の高校生同士で、普通に読めました。
でも、いつの作品からか、ガタイがよくなってるんですね。
『飴と鞭』の表紙の子がカッコイイと思ったら、ドS攻めだったり(汗)
「体格がよいだけでオヤジじゃない」というようなことが書かれてましたが、
わりと若い人たちが多いんですね。(一部親父受けもありますけど)
受けの人たち、体格がかなりゴツイだけで、ちゃんとBLになってました(何)
これが、普通の体格で描かれてたら、それはそれで、好きな作品になりそうな。
でも、ゴツくても可愛く見えるから不思議です。

ほとんど年下攻めだった気がするなぁ。そこもいいですね。
攻めが受けのことを可愛いと思うのも分かる。
赤くなってるのがね~萌えるんです。ギャップですかね。←なんなんだ。
いや~メソメソ泣いてる姿も可愛すぎる(え)←美少年が泣いてると微妙に萎えます。
ガタイいい人たちが、恋だの愛だので泣いてるのが萌える。
1番好きな作品は、スーパーの店長×配達に来た兄ちゃんのシリーズ。
あれ、何て言う作品か忘れたけど、嫁になってたのが面白いw
家族とか出てくるコメディっぽい話は最高だよ~。店長さんのキャラがいい。
本1冊まるごとで言うなら、最近の『そして続きがあるのなら』が1番好きかも。
漫画家(後輩)×編集者(先輩)でした。
ストーリーも素敵だし、これは普通のBLに入ると思うんですけど。
絵柄も普通に戻って(?)ましたし。

ネットで色んな方々の感想を見て、絶賛されてるのも納得でした。
1番問題だったのが、体毛(爆)の描かれ方ですが、
何度も読んでるうちに、なんだか抵抗がなくなったw
まぁ、普通に考えりゃ、あって当然だもんね。
そこが乗り越えられれば、ドンと来い!だな。
あ、でも『それではみなさん。』以外はすべて麗人ですから、
エロ描写にはそれなりの覚悟が必要ですわな(爆)
麗人コミックスっていうと…
猫田リコさん、山田ユギさん、鈴木ツタさん、ユキムラさんしか持ってなかったので。

いやしかし、他のガチムチ作品に手を出すほどの免疫は付いてませんよ(汗)
数年前に読んだ鬼●兵伍さんの作品はダメだったし。←絵が無理でした(爆)
あくまでも内田さんの作品に限り、抵抗が無くなっただけで。
まぁ内田さん作品の中でも「うーん…」という話もありました。
「こんな人も受けなのか!?」っていうのもあったし。
やっぱりBLの中でもある意味特殊なジャンルだな、と。
10年前の自分なら、まず受け入れられなかったと思う。まさか読めるとはねw
でも今、こういう作品を読めるまでに成長できて、
自分の中でBLに求める何かが少し変わったような・・・(笑)

他にも気になってたBLを購入したので、またそのうち感想書こっと。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © オハナミ*びより. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。